アジサイの育て方は必見|可愛い姿を見るためには

芽が出た後が肝心

水のやり方に注意しよう

園芸用品

自宅の庭などで花を育てる場合、ただ種を植えるだけでは、上手く育たないことがあります。
しかし、アジサイの育て方は比較的簡単ですから、ガーデニングの初心者の方でも育てやすい花と言えるでしょう。
まず、アジサイの育て方は、芽が出てきた後にいかに上手に水やりができるかにかかっています。
つまり、水をあげ過ぎても良くないですし、反対に何もしなければ枯れてしまいますから、そこそこの加減が必要になってくるわけです。
アジサイの育て方は、土の根元に水をあげることがポイントです。
それだけではなく、段々茎が育ってきたら、茎の方にも水をあげておけば、そのまま順調に花を咲かせる所まで育ちますので、できれば毎日水やりを欠かさないようにすることが大事です。
また、アジサイの育て方で重要なこととして、アジサイを植えている場所の近くには、他の植物を植えるのをやめておいたほうが良いという点を知っておきましょう。
これは、アジサイに限らず、近距離で植物を植えることによって、栄養がそれぞれに行き渡らなくなってしまい、うまく育たない結果になるからです。
ですから、他の植物とは離れた場所に植えるほうが適しているわけです。
このように、アジサイを育てるにあたっては、水のやり方を知っておくのはもちろんのこと、育てる場所に対しても、スペースを十分に取るなどの対策を取っておくことがポイントになります。
こうしたアジサイの育て方を把握しておけば、芽が出た後も順調に育っていきます。

低予算で始められる

婦人

6月から8月にかけて咲く代表的な花がアジサイです。
街中を散策していてもよく見かけるポピュラーな花でもあるため簡単に育てられるように思えますが、毎年きれいに咲かせようと思うとなかなか難しい植物です。
このアジサイの育て方には鉢植えと地植えがあります。
丁寧に育てればどちらの方法でも毎年きれいな花を咲かせてくれますが、ビギナーの方には管理がしやすい鉢植えから始めることをおすすめします。
アジサイを上手く咲かせるためには育て方にいくつかのポイントがあります。
これからアジサイを育てる方は、まずは基本的なポイントを押さえておきましょう。
鉢植えでの育てる場合は苗ポットよりも二回りほど大きめのものを用意します。
次に鉢の底に軽石を敷き詰めて半分ほどまで土を入れてゆきましょう。
土を半分ほどまで入れた後はポットから取り出した苗を植えて土をかけます。
株が安定するまで土を入れたら、たっぷりの水を与えて鉢植え作業は完了です。
アジサイは乾燥を極端に嫌う植物のため、水やりをする際には鉢底から水がしっかりと出るまで与えるようにして西日の当たらない場所で管理します。
また定期的な水やりと並行して肥料を与えることも大切です。
アジサイは肥料を好むので成分がゆっくりと浸透する緩効性タイプがおすすめです。
アジサイを育てる際にかかる費用は、鉢や肥料を合わせても年間で2000円から3000円程度なので手軽に育てることができます。
土を酸性やアルカリ性にするなど変化を加えて、育て方を工夫すれば花の色も変化させることができるので寄せ植えなども楽しめると評判です。
育て方を工夫してたくさんの花色を楽しみたい方は、予算を2000円ほど追加してそれぞれの花色に適した土を用意するとよいでしょう。
土を酸性にすれば青色の花が咲くほか、アルカリ性にすれば鮮やかなピンク色の花を咲かせることもできます。

水やりも注意が必要

紫陽花

梅雨の時期になると色とりどりの花を咲かせるアジサイは、育て方にひと工夫が必要な植物です。
正しい方法で管理してあげなければ、株が小さくなったり色が悪くなったりしてしまうのです。
アジサイをいつまでも綺麗な状態で保つためにも、正しい育て方を把握してから始めることが重要となります。
アジサイは、土の性質によって花の色が変化する植物です。
具体的に説明すると、酸性の土であれば青色の花となりアルカリ性の土であればピンク色の花となります。
そのため、咲かせたい色がある場合にはまず最初に土作りから始めなければなりません。
酸性の土を作るためにはピートモスを混ぜます。
アルカリ性の場合は、少々の苦土石灰です。
これはアジサイを植える前に行い、一週間から二週間程度寝かせておきます。
アジサイの育て方として最も注意を払うべきことは水やりです。
梅雨の時期の花であるアジサイは乾燥に弱いため、正しい育て方としては、こまめに水やりをすることが大事なのです。
ただし、あまり水をやり過ぎて根腐れを引き起こさないように、通気性にも気をつけてあげることが必要になります。
アジサイは花の時期が終わったら、次のシーズンに向けて植え替えや剪定を行います。
植え替えを行うのは鉢植えの場合で、地植えをしている場合は必要ありません。
花が咲いている間に根が育って窮屈になるため、一回り大きな鉢を準備します。
剪定については、花の時期が終わってから本格的な秋になるまでの間に行います。
この時期に形を整えておくことで、次のシーズンに美しい花が咲きます。

芽が出た後が肝心

園芸用品

アジサイの育て方で大切なことは、水やりを毎日行うことにかかっています。このため、アジサイの根元や茎などが乾かないように、適度に水やりを行うと良いでしょう。また、植える場所に関しても、他の植物と離れた所に植えるのがベストです。

もっと読む

梅雨に咲く花

花

アジサイは梅雨に咲く花として日本で馴染みのある植物です。アジサイは非常に強い植物で育て方は比較的簡単な部類に入りますが、一方で花を多く咲かせるには工夫が必要です。特に選定で花芽を落とさないようにすることがアジサイの花を咲かせる上で重要です。

もっと読む

梅雨時を代表する花

庭

アジサイは育て方が簡単で、ガーデニング初心者にもおすすめの花です。地植えであればほぼ世話はいりませんが、鉢植えの場合では水やりだけは欠かさないようにします。また剪定の時期は重要で、7月中には済ませておく必要があります。

もっと読む