アジサイの育て方は必見|可愛い姿を見るためには

土の性質で花の色も変わる

水をたっぷりと与える

紫陽花

梅雨の季節に花を咲かせるアジサイは、初心者でも育てやすい花として知られています。
育て方も基本さえ押さえれば簡単です。
まず、アジサイの育て方の基本としては、土にこだわることです。
酸性の土なら青みが強く、アルカリ性の土なら赤みが強く出るため、どんな色の花を咲かせたいのかによって、土を選ぶのが良いでしょう。
そして、雨の季節に咲く花であることからか、水分を非常に好む植物なので、たっぷりと水を与えることも基本となります。
土が乾燥しないように、朝晩気を配ってあげると、美しい花を咲かせてくれるでしょう。
また、大抵の植物は日光を好むものですが、アジサイは違います。
品種によっても違いますが、直射日光を嫌うものが多いため、強い日差しに当てないようにすることが大事です。
ジメジメとした、あまり日の当たらない場所が、アジサイの栽培には向いていると言えます。
その他の育て方の基本としては、花が咲き終わったら剪定をすることです。
次の年に美しい花を咲かせるためにも、この作業は重要になります。
上から葉を数えて5枚目から6枚目ぐらいの下の茎を切り、枝は短くしすぎないのがポイントです。
花が落ちたらすぐに行うのがベストで、時期が遅れると、翌年花がつかないこともあります。
このような育て方の基本を押さえるだけで、アジサイを美しく咲かせることができます。
鬱陶しい雨の季節に彩を加えるためにも、アジサイの栽培を始めてみてはいかがでしょう。

カラーと上手に育てる方法

あじさい

梅雨の時期に美しい花を咲かせてくれるアジサイは、風情もあって育ててみたいと憧れる人も多い人気の植物です。
もっともそんなアジサイですが、育て方を間違えてしまうと思うように大きく成長しなかったり、花が咲かないなど失敗しやすい植物でもあります。
けれども最初の土の管理と水やりさえしっかり実施すれば、基本的に害虫などにも強くて剪定なども必ずしも必要というわけではないので、育てやすい面もあります。
よって正しい育て方としては、最初の土の状態がとくに重要であり、土の濃度によって花のカラーも違ってくるため、あらかじめ咲かせたい花のカラーがある場合は、土の濃度を確認しておきましょう。
ちなみに青い花は酸性で、ピンクの花はアルカリ性の土で咲きますが、日本の土は酸性濃度が強いため、ピンクの花を咲かせたい場合には、とくに土の管理を重視しましょう。
そして同じ育て方でも鉢植えの場合は頻繁な水やりも大切ですが、地面に直接植える場合はさほど水やりは必要なく、よほど乾燥しているといった場合以外は放置していても問題ありません。
ただ肥料についてはアジサイは鉢植えでも地植えでも適量を与えることで、よく成長してくれます。
また鉢植えの場合は成長とともに植え替えが必要で、アジサイは根詰まりを起こしやすいので、花が咲き終えた時点で一回り大きな鉢に変更してあげましょう。
このように育て方としては地植えの場合のが簡単ですが、鉢植えでも決して難易度が高すぎるわけではなく、花屋などでも手軽に購入できることから、利用しやすさとカラーの美しさに加え、最近ではプレゼントなどにも利用されていることから安定した人気がある植物です。

日本原産の植物

畑

雨の季節に彩を添えるアジサイは日本原産の植物ですが、一般的に目にする機会の多いのはセイヨウアジサイという、欧米で品種改良されたものが逆輸入されたものになります。
特徴としては花弁のような装飾花が密集して丸くまとまり、見る人に華やかな印象を与えます。
現在、アジサイと単にいった場合にはこちらの種類を指して言います。
一方原種となっているのがガクアジサイと呼ばれる種類で、日本の野山に現在でも多くの種類が自生しています。
特徴は中心につぶつぶとした小さな花のまとまりがあり、その周囲に数個の大きめの装飾花があります。
一般的なアジサイに比べて落ち着いた見た目で、和風の庭に良く合います。
他に自生種としてはヤマアジサイがあります。
アジサイは育て方が楽な植物であり、特別な育て方をしなくてもきれいな花を咲かせてくれる、ガーデニングビギナーでも安心の植物です。
いずれの種類も元をたどれば日本原産なので、日本国内であればたいていの場所で良くなじみます。
具体的な育て方としておすすめなのは庭植で、定着するまで数週間水やりをしたら、後は自然の降雨だけで水やりも必要ありません。
その一方で放置していると大きくなりすぎるため、適度に選定する必要があります。
アジサイは土中のpHの影響を受けやすく、酸性だと青っぽく、塩基性に寄ると赤っぽくなります。
日本の土壌は主に酸性であり、雨も酸性度が高い傾向にあるので何もしていないと酸性土壌になってしまいます。
赤系統のアジサイの場合には、土に石灰を混ぜるなど育て方に一工夫する事で綺麗な色を保てます。

芽が出た後が肝心

園芸用品

アジサイの育て方で大切なことは、水やりを毎日行うことにかかっています。このため、アジサイの根元や茎などが乾かないように、適度に水やりを行うと良いでしょう。また、植える場所に関しても、他の植物と離れた所に植えるのがベストです。

もっと読む

梅雨に咲く花

花

アジサイは梅雨に咲く花として日本で馴染みのある植物です。アジサイは非常に強い植物で育て方は比較的簡単な部類に入りますが、一方で花を多く咲かせるには工夫が必要です。特に選定で花芽を落とさないようにすることがアジサイの花を咲かせる上で重要です。

もっと読む

梅雨時を代表する花

庭

アジサイは育て方が簡単で、ガーデニング初心者にもおすすめの花です。地植えであればほぼ世話はいりませんが、鉢植えの場合では水やりだけは欠かさないようにします。また剪定の時期は重要で、7月中には済ませておく必要があります。

もっと読む